傷害への慰謝料

けが
出典 ≪交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

交通事故被害の慰謝料というのは賠償金の一部となります。交通事故によって被った損害のことをすべてまとめて慰謝料と呼んでいると勘違いしている方が多いようですが実際にはそうではありません。あくまで慰謝料は示談金の一部です。賠償金には治療費や交通費、休業損害なども含まれていますし、その中に慰謝料も含まれているのです。また、慰謝料は大きく分けると入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料に分けることができます。ケガや傷害などに対する慰謝料は入通院慰謝料ということになります。

入通院慰謝料は交通事故によってケガを負ってしまい、通院や入院などを余儀なくされたときに支払われる慰謝料となります。入院や通院の日数によって慰謝料の金額が大きく異なりますから覚えておきましょう。自賠責保険による計算方法だと4200円×治療期間となっています。少しでもケガや傷害に対する慰謝料をもらいたいと考えているのなら通院を怠らないことです。合計でどれくらい通院したかというのが大きく関わってきますから、通院を怠らないことで慰謝料の総額をアップさせることは十分可能でしょう。面倒くさいかもしれませんが、しっかりと通院して治療に励んでください。